本文へ移動

新病院の基本構想見直し、委託業者を公募へ 野洲市

2021年7月2日 05時00分 (7月2日 15時43分更新)
 野洲市は一日、新病院整備の基本構想・計画を見直す委託事業者を、公募型プロポーザル方式で選定すると発表した。五日に公告し、八月中旬に決定する。
 市によると、予定地は前市長が計画したJR野洲駅前(Aブロック、五千四百平方メートル)に近接する市有地(Bブロック、三千六百平方メートル)。駐車場はBブロック内にも設ける方向。
 基本構想は病院の規模や診療科の構成を見直し、事業収支を修正して十一月下旬の策定を予定。構想を反映させる基本計画の策定は、来年二月上旬を目指す。事業費は千二百万円。二〇二五年度の開院を目指し、基本設計と実施設計は来年度に実施する。 (松瀬晴行)

関連キーワード

PR情報

滋賀の新着

記事一覧