本文へ移動

大谷翔平のエンゼルス、ヤンキース戦は悪天候で中止 8月は14連戦の過密日程に

2021年7月2日 07時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
エンゼルス・大谷(AP)

エンゼルス・大谷(AP)

◇1日(日本時間2日) MLB ヤンキース-エンゼルス(試合中止、ニューヨーク)
 1日(日本時間2日未明)にデーゲームでヤンキースタジアム(米ニューヨーク)で予定されていたヤンキース―エンゼルス戦は悪天候のため中止となり、8月16日に振り替えられた。前日の6月30日の同一カードで1回途中でメジャー自己最多の7失点でKOされたエンゼルスの大谷翔平(26)は1日の試合に「2番・指名打者」でスタメン起用される予定だった。
 6月30日の試合はエンゼルスが5点差をひっくり返し、11―8で大逆転勝利を飾ったが、2度の雨天中断も重なって試合終了は日付が替わった1日午前1時6分。次の試合の試合開始時間は同日1時5分の予定で、12時間弱のインターバルで試合準備をしなければならないところだった。
 エンゼルスは8月16日に試合が延期されたことで同月中は過密日程を強いられる。本拠地アナハイムでのアストロズとの3連戦(13~15日)の後に移動日なしで組まれ、ヤンキース戦翌日からは敵地デトロイトでのタイガースとの3連戦が予定されており、ダブルヘッダーを含めて14連戦を行う日程となる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ