本文へ移動

中川翔子 父・勝彦さんがのこしたフレーズを歌に 「もう会えない人からの愛のメッセージ」

2019年11月29日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
新作アルバム「RGB~True Color~」を12月4日に発売する中川翔子=東京都千代田区のソニーミュージックエンタテインメントで(五十嵐文人撮影)

新作アルバム「RGB~True Color~」を12月4日に発売する中川翔子=東京都千代田区のソニーミュージックエンタテインメントで(五十嵐文人撮影)

  • 新作アルバム「RGB~True Color~」を12月4日に発売する中川翔子=東京都千代田区のソニーミュージックエンタテインメントで(五十嵐文人撮影)
  • 中川勝彦さん
  • 勝彦さん直筆の色紙
  • 29人のアーティストが参加した招き猫×五輪の世界に感銘を受ける中川翔子
 タレントの中川翔子(34)が5年ぶりのアルバム「RGB~True Color~」を12月4日に発売する。収録した16曲の最後に入れた「ある日どこかで」は、歌手や声優として活躍した亡き父・中川勝彦さんがのこした歌詞やメッセージをつないで楽曲にしたもので、ミュージックビデオが27日に中川のユーチューブ公式チャンネルで公開された。勝彦さんの死去から25年。大好きな歌の世界で実現した父との奇跡のコラボレーションについて話を聞いた。 (江川悠)
 甘いマスクと歌声で人気を博した勝彦さんは1992年9月に急性骨髄性白血病を発症。9カ月の闘病生活をへて復帰するも94年8月に再発し、32歳の若さで死去した。闘病中も病室で大好きな絵を描き、復帰を見据えて歌詞も書きためていた。このほど、勝彦さんの実家から歌詞の一部やデモテープなど数々の秘蔵品が見つかったという。
 「父らしい言葉がたくさん出てきた。何か1曲にできないかと、断片だったものをつなぎ合わせたら、もう会えない人からの愛のメッセージになりました」
 勝彦さんは生前「この思い また逢えるまで さあ風に乗れ」というフレーズをファンに書いてプレゼントしていたという。中川家の墓碑にも刻まれているこの言葉の直筆色紙も見つかったため、歌のサビ部分に取り入れた。
 「生きた証しとしてすごいものが出てきちゃったなと。(勝彦さんが)『忘れないでね』って言っているみたいですね。ずっと(そばに)いるような感じもするから不思議です。きっと『よっしゃー!』って空でガッツポーズしてくれていると思います」
 ニコニコ動画を中心に活動する新進気鋭の男性ボーカリスト、ウォルピスカーターに作曲を依頼した。
 「父の死後、構想30年くらいで今の若い人に曲を書いてもらえていることが、時を超えて面白いなと。いつも自分の歌って照れちゃってあんまり聴かないんですけど、イントロからめちゃくちゃ気に入る曲になった。発売前から大好きでずっと聴いています」
 楽曲タイトルは、80年公開の米映画に由来。時を超えた愛の物語を紡ぐキーアイテムとして懐中時計が登場するが、中川の母は、この作品を勝彦さんと一緒に見た後、実際に懐中時計をプレゼントしていた。勝彦さんが亡くなったとき、母が病室に駆けつけると、止まったままのその時計が近くに置いてあったという。
 「父の思いも風に乗って、時を超えられると思う。デモテープもすごく大量に出てきたので、いつか掘り起こしたいと思っています。他の方に歌ってもらうのもいいですし。父の絵もたくさんあるので、いつか親子で小さな個展を開いてみたい」
 令和の時代、勝彦さんがのこした作品に新たな息吹が与えられ故人の思いとともによみがえる。

◆飛躍の19年!漢字で表すと…『風』 ポケモン映画主題歌に書籍も

 中川にとって、2019年は飛躍的な1年となった。元号が令和に変わった4月1日にNHKの特番に生出演。ポケットモンスターシリーズの劇場版「ミュウツーの逆襲EVOLUTION」の主題歌「風といっしょに」を小林幸子と歌ったほか、自らのいじめ体験をもとにした書籍「『死ぬんじゃねーぞ!!』いじめられている君はゼッタイ悪くない」(文藝春秋)を刊行。そして12月に5年ぶりのアルバムを発売する。
 私生活では運転免許も取得し「まさにリア充だった」と語った1年を漢字一文字で表すと、父がのこした言葉にも、小林と一緒に歌った楽曲のタイトルにも登場する「風」を選んだ。
 「子どもたちにたくさん会えて歌を届けられて、人生で一番うれしい夏でした。ポケモン主題歌のおかげで『自信を持って歌手やってます』と言える。いじめについてのパネルディスカッションとか文化的活動も増えましたし、新しい発見があると経験値感がすごい」と充実感をにじませた。

◆斬新!絶賛!!五輪招き猫 「猫と漫画に人生助けてもらった」

 招き猫×漫画をテーマに、過去のオリンピックの特別な瞬間を表現する「Olympic Heritage Collection」の第2弾「2020 Lucky Cat Edition」のPR発表会が28日、東京都内で開かれ、タレントの中川翔子や「キャプテン翼」などで知られる漫画家の高橋陽一さん(59)、競泳の金メダリスト、北島康介さん(37)らが出席した。
 中川は「猫を10匹飼っていて、猫と漫画に人生を作っていただき、助けてもらっている。斬新で個性的なデザインが多く、29人のアーティストの全力が詰まっている、本当にすばらしい作品だと思います」と絶賛していた。

◆ジャケットには自身で描いた絵

 アルバムタイトルは、光の三原色の組み合わせで幅広い色を表現する加法混色「RGB」になぞらえており、「ポケットモンスター」シリーズをはじめとする数々のアニメ主題歌や、小林幸子とのコラボーレーションなど、5年間で幅広く活動した中川の軌跡が詰まった作品となった。アルバムのジャケット(3種類)には、中川が描いた絵を使用=写真。モデルになった女の子は自分自身のようだ。
 中川は「今の時代のほうが自分で曲を作ったらネットで届けられるし、父には合ってたんじゃないかとずっと思っていたので今回、ジャケットはあえて原画が残る形で絵にしたいと思いました」と語った。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ