本文へ移動

終夜運転の「はちゃめちゃな矛盾」皮肉ったデーブ・スペクター「詳しくは丸川さんに」コメントも『皮肉モード』

2021年7月1日 18時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
デーブ・スペクターさん

デーブ・スペクターさん

 映像プロデューサーのデーブ・スペクターさんは1日、ツイッターで「すみません、日本語が不自由なもので。夜8時以降の飲食店の営業はダメで終電も早められたのに、五輪期間中は鉄道が終夜運転。どの地平からだと、こんなはちゃめちゃな矛盾がOKになるんでしょう」と、「自称外人」(本人談)が東京五輪・パラリンピックを皮肉った。
 フォロワーからは続々とコメントが寄せられ「オリパラ中は一時的な免疫もつきますから。詳しくは丸川さんに聞いて下さい」「五輪後の感染爆発を、これに乗せられて騒いだ市民のせいにするためです」との憤りや、「茨城あたりの地平から見るとボランティアや関係者が帰るためでしょうか」「地平線の向こうでは宇宙人がホームランを量産しているみたいですから、何でもありなんでしょう!」と、エンゼルス・大谷翔平選手を登場させた声も寄せられた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ