本文へ移動

「夏は牝馬」が有名だが…獣医師記者が提唱したい、もう一つの格言「夏は小兵」熱交換の効率が有利に

2021年7月2日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
競馬は科学だ

競馬は科学だ

◇獣医師記者・若原隆宏の「競馬は科学だ」
 宝塚記念が終わると、普段はローカル開催を担う競馬場が東西の開催主場となって、夏競馬の本番となる。関東は例年盛夏になってからの新潟もかなり暑いが、福島もしばしば酷暑だ。
 この季節の格言としては「夏は牝馬」が有名だが「夏は小兵」という事実は、あまり浸透していない。
 出走馬の地力レベルをそろえるサンプルとして古馬1勝クラス(旧500万条件)芝5~7F戦を1~2月と7~8月で比べてみよう。夏は10年以降、冬はその半年後の11年以降のデータを整理すると、夏の勝ち馬358頭の平均馬体重は463・8キロ。一方、冬の勝ち馬139頭は475・8キロ。夏が12キロほど軽い。出走全馬の平均体重は夏461・4キロ、冬464・0キロなので、冬の方が全体的に3キロほど重いが、勝ち馬の平均が12キロ違う理由は別に考えなければならない。念のため統計的検討も行ったが明確な有意差を得た。
 競走馬を対象に、この現象を突き詰めた研究はまだないが、似た現象を説明する生態学の知見がある。高校生物でも学ぶ「ベルクマンの法則」だ。「同系動物の生息環境とサイズの関係は、寒冷地ほど大型、暑熱地ほど小型」。典型例によく挙げられるのがクマだ。北極圏のホッキョクグマ、北海道のヒグマ、本州~九州のツキノワグマ、東南アジアのマレーグマ。この順番に大型→小型と並ぶ。
 動物の熱産生量は体重に比例する。体重は体積に比例するのでサイズの3乗に従う。熱放散量は体表面積に比例するのでサイズの2乗に従う。放熱効率は熱放散量を熱産生量で割ったものだ。2乗を3乗で割ると1乗分だけ分母に残る。従って、サイズが小さいほど分母が小さくなって放熱効率は上がる。逆にサイズが大きいと放熱が進まず、体内に熱がため込まれる。この効果が、動物の生息域の気温とリンクする。
 競走馬でもこの原理は変わらない。暑い季節は小兵の方が熱交換の効率において物理的に有利だ。ラジオNIKKEI賞出走馬ではシュバリエローズが前走440キロと最も小兵。500キロ前後が多くを占めるこの一戦で、小兵のアドバンテージは多少なりとも有利に働くだろう。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ