本文へ移動

多賀大社で「夏越の大祓」 無病息災願う

2021年7月1日 05時00分 (7月1日 15時40分更新)
茅の輪をくぐる参拝者たち=多賀町の多賀大社で

茅の輪をくぐる参拝者たち=多賀町の多賀大社で

 今年前半の罪やけがれをはらう「夏越(なごし)の大祓(おおはらえ)」と無病息災を祈願する「茅(ち)の輪くぐり」が三十日、多賀町の多賀大社であった。
 参拝者約五百人と神職二十人、巫女(みこ)十人が参列。神事では、全国から寄せられた家族や自分の名前を書いて半年間のけがれを託した和紙「人形代(ひとかたしろ)」約六千枚を宮司らが境内の川に流し、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報