本文へ移動

ピアノが弾きたい男性の夢をお手伝い 伊賀・ぶんと、9月から「教室」

2021年7月1日 05時00分 (7月1日 13時28分更新)
講師の桂さん(左)と一緒に手をたたいてリズムをとる参加者たち=伊賀市西明寺で

講師の桂さん(左)と一緒に手をたたいてリズムをとる参加者たち=伊賀市西明寺で

  • 講師の桂さん(左)と一緒に手をたたいてリズムをとる参加者たち=伊賀市西明寺で
  • 事前体験レッスンでピアノに触れる参加者(左)=伊賀市西明寺で
 ピアノが弾きたい男性の夢をお手伝いします−。伊賀市文化都市協会(ぶんと)は9月から、18歳以上の男性を対象にした「男たちのピアノ教室」を初めて開講する。晴れの舞台となる12月の発表会に向けて、市文化会館(西明寺)で約3カ月半、レッスンを受ける。担当者は「なかなか一歩を踏み出せない男性たちが楽器に触れるきっかけになれば」と期待する。3日午前10時から電話で申し込みを受け付ける。 (新居真由香)
 レッスンは全十二回で、一回三十分。ピアニストの桂富佐(かつらふさ)さん(57)=緑ケ丘中町=が講師を務め、マンツーマンで教える。
 木、金曜のクラスがあり、初回はそれぞれ九月九、十日。定員は十人で、各曜日の午後五時五十分から午後九時までの間に、三十分間の個人レッスンが五人分用意されている。
 楽譜が読めない初心者や楽器演奏の経験がない人も参加でき、「家族にサプライズ演奏をしたい」「弾き語りをしたい」といった目標も大歓迎。桂さんがレベルに応じてサポートする。
 レッスンで使用するのは、大ホールのステージなどに置かれるフルコンサートグランドピアノ。最上級のピアノで練習できるのも魅力だという。
 先月二十五日...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報