本文へ移動

スポーツや趣味を通じて介護予防 豊田市「ずっと元気!プロジェクト」

2021年7月1日 05時00分 (7月1日 12時55分更新)
 豊田市は七月から、スポーツや趣味のプログラムを通じて健康増進や介護予防を目指す事業「ずっと元気!プロジェクト」を始める。コロナ禍で外出機会が減る中、社会参加の楽しみや生きがいを感じ、幸福感向上を図ることで要介護リスク低減を目指す。事業を民間委託し、成果に応じて段階的に報酬を払う「ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)」という仕組みを利用する。
 プログラムはまず十一種類を用意。ピアノやパソコンを使った脳トレ、ウオーキングイベント、インターネットを通じて海外の人と日本語で交流など。八月以降は新たなプログラムを順次追加し、三十種類前後とする計画だ。
 この事業で採用されるSIBは、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧