本文へ移動

エンゼルス大谷翔平は「1番・投手」で“リアル二刀流” ヤンキースタジアムでの1~5番打っての先発は1933年のベーブ・ルース以来

2021年7月1日 07時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大谷翔(AP))

大谷翔(AP))

【ニューヨーク共同】米大リーグは6月30日、各地で行われ、エンゼルスの大谷翔平は4勝目を懸けてニューヨークでのヤンキース戦に「1番・投手」で投打同時出場。エンゼルスによるとヤンキースタジアムで1~5番を打って先発のマウンドに立つのは、1933年のベーブ・ルース以来。
 レッズの秋山はパドレス戦に「8番・中堅」で出場。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ