本文へ移動

【中日】ショック・・・死球骨折の石川昂は全治3カ月以上、左尺骨を手術 

2021年6月30日 21時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加

中日・石川昂弥

 中日は30日、石川昂弥内野手(20)が同日に名古屋市内の病院で、骨折した左尺骨の骨接合術を受けたと発表した。復帰には、3カ月以上を要する見込み。
 2年目の石川昂は25日のウエスタン・リーグ阪神戦(鳴尾浜)で、左手首付近に死球を受けて途中交代。試合後に病院で「左尺骨骨折」の診断を受けていた。

死球を受ける中日・石川昂弥=6月25日撮影

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ