本文へ移動

【中日】7失点炎上 福谷浩司は「大胆さが欠けている」阿波野コーチが指摘した精神的課題

2021年6月30日 21時44分

このエントリーをはてなブックマークに追加
佐野に適時二塁打を浴び、天を仰ぐ福谷

佐野に適時二塁打を浴び、天を仰ぐ福谷

◇30日 DeNA9―4中日(神宮)
 中日が、引き分けを挟んで3連敗を喫し、借金は今季最多の「8」となった。先発の福谷浩司投手(30)が、自己最短の2イニングでワーストとなる7失点。乱調が響いた。
 リーグ最多の7敗目を喫した右腕について、阿波野秀幸投手コーチ(56)は「制球に安定感はあったが、ストライクをそろえすぎたところが失点につながった」と投げ急ぎを指摘した。
 「常にフォームとか、いろんなことを考えて投げている」と工夫を評価しつつも「大胆さが欠けている時は、悪い方向に向く時がある」と精神面を課題に挙げていた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ