本文へ移動

【オリックス】田嶋7回無失点5勝目で首位守る「全力でいけるところまでと思った」今季最長タイ

2021年6月30日 21時18分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オリックス・田嶋大樹

オリックス・田嶋大樹

◇30日 オリックス5―0ロッテ(京セラドーム大阪)
 オリックスの先発、田嶋大樹投手(24)は7イニングを投げて3安打、7奪三振の無失点に抑え、5勝目を挙げた。チームの首位を守った。
 「1イニング、1イニング、全力でいけるところまで投げようと思ってマウンドに上がっていました。その結果として、長いイニングをしっかりと投げられたところが良かったと思います。ここ最近、中継ぎ陣が頑張ってくれていたので、なるべく長いイニングを投げたいと思っていましたし、しっかりと7回まで投げ切れてよかったです」
 7イニングは自身、今季最長タイ(3度目)。ここ6試合は6イニングに届かない登板が続いていた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ