本文へ移動

【中日】9戦ぶり適時打の大島 今季得意の神宮打率4割2分9厘

2021年6月30日 21時17分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大島が中前適時打を放つ

大島が中前適時打を放つ

◇30日 DeNA9ー4中日(神宮)
 中日・大島洋平外野手(35)が9試合ぶりとなる適時打を放った。1―7の3回1死三塁。カウント2ボール2ストライクからDeNA先発・今永の高め111キロのカーブを捉えた。投手の足元を抜ける中前適時打に「追い込まれていたけど、いいところに飛んでくれました」と振り返った。今季神宮では28打数12安打、打率4割2分9厘と相性の良さを発揮した。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ