本文へ移動

かつてプロ注目ベテラン対戦は特大サヨナラ弾決着 王子エース30歳近藤均1球に泣く【社会人野球日本選手権】

2021年6月30日 20時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
王子・近藤

王子・近藤

◇30日 社会人野球日本選手権1回戦 王子(愛知)1―2日本通運(埼玉)(ほっともっとフィールド神戸)
 王子のエースで30歳の近藤均が1球に泣いた。1―1の9回2死で28歳の日本通運・北川利生にツーシームを捉えられ、左翼へ特大のサヨナラ本塁打を浴びた。かつてはともにプロから注目されたベテラン同士の対戦で痛恨の被弾。そこまでの3打席は得意のカットボールやツーシームで内野ゴロに仕留めていただけに「いい感じでツーシームを投げられたが、最後は曲がりきれなかった。長打が駄目ところで打たれたのは反省点。もっと成長して負けない投手になりたい」と悔しさをにじませた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ