本文へ移動

【阪神】マルテ3試合連続適時打で先制「近本が出塁して二塁まで進んでくれたから」

2021年6月30日 19時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
阪神・マルテ

阪神・マルテ

◇30日 阪神―ヤクルト(甲子園)
 阪神のジェフリー・マルテ内野手(30)が先制打を放った。1回の1死二塁。フルカウントから右腕の高梨が投じた146キロのストレートを中堅へ二塁打にした。これで3試合連続適時打とした。
 「打ったのはストレート。近本が出塁して二塁まで進んでくれたから、あとは自分の仕事をすることに集中したね。初回に先制することができて良かったよ」
 開幕から不動の3番を務め、3月は打率2割5分(1本塁打)も、4月は2割7分8厘(5本塁打)、5月は2割8分4厘(3本塁打)、6月は29日時点で2割9分5厘(3本塁打)。打率は右肩上がりだ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ