本文へ移動

サッカー五輪・パラの日本代表3チームが初めて同一ユニホームを着用「思いを一つに」

2021年6月30日 18時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京五輪・パラリンピックで初めて同一ユニホームを着用するサッカー男女代表、5人制サッカーの主将(JFA提供)

東京五輪・パラリンピックで初めて同一ユニホームを着用するサッカー男女代表、5人制サッカーの主将(JFA提供)

 日本サッカー協会は30日、東京五輪・パラリンピックの機運を高めようと、Jリーグ、日本女子プロサッカーリーグ、日本障がい者サッカー連盟、日本ブラインドサッカー協会(JBFA)と「チームフットボールジャパン2020」を結成した。
 サッカー界が一丸となり、年齢や性別、障害の有無を乗り越え、東京五輪・パラリンピックを通じてスポーツやサッカーの価値や素晴らしさを伝えていくのが目的。サッカー男女代表と5人制サッカー(ブラインドサッカー男子代表)の3チームが初めて同一ユニホームを着用することが決まり、JBFAの塩嶋史郎理事長は「年齢、ジェンダー、障害の有無にかかわらず、思いを一つに感動を分かち合いたい」と話した。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ