本文へ移動

【中日2軍】浅尾コーチ「スピード出ていたし球の質は全然問題ない」ロドリゲスがシート打撃登板

2021年6月30日 18時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
シート打撃に登板したロドリゲス

シート打撃に登板したロドリゲス

 中日のジャリエル・ロドリゲス投手(24)が30日、ナゴヤ球場でシート打撃に再来日後初登板した。滝野、石橋、三好を相手に打者6人で安打性の当たりはゼロ。死球を1つ与えたのみだった。最速は155キロをマークし、右腕は「しっかり投げられた。体の問題も一切なかった」と順調な調整ぶりをみせた。浅尾拓也2軍投手コーチ(36)は「スピードも出ていましたし、球の質としては、全然問題ないと思います。今後のことはこれから(仁村2軍)監督と話し合って決めることになると思います」と語った。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ