本文へ移動

歌手の秋元順子74歳2年ぶりバースデー公演「お誕生日ごとに私の宝物が増えていく」と笑顔

2021年6月30日 17時42分

このエントリーをはてなブックマークに追加
笑顔で歌う秋元順子

笑顔で歌う秋元順子

 歌手の秋元順子(74)が30日、東京都内でバースデーコンサートを開き、大ヒット曲の「愛のままで…」など13曲を熱唱した。毎年誕生日(6月21日)に合わせて開いているが昨年はコロナ禍で中止したため2年ぶり。秋元は「やっと皆さまにお会いできてとてもうれしゅうございます。お誕生日が来るごとに年齢が重なっていくと私の宝物が増えていくという解釈でいます」と笑顔で意気軒高だ。
 23日に発売したばかりの昭和歌謡をカバーしたアルバム「昭和ロマネスク」から淡谷のり子さんの「別れのブルース」や、研ナオコ(67)の「かもめはかもめ」などを披露。自身の最新シングルで「人生を重ねた愛の歌」(秋元)という「いちばん素敵な港町」を切々と歌い上げた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ