本文へ移動

大谷翔平、第1打席は右飛 ヤンキース戦「2番DH」スタメン…3試合連続アーチなるか

2021年6月30日 08時23分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大谷翔平(写真は資料、AP)

大谷翔平(写真は資料、AP)

◇29日(日本時間30日) MLB ヤンキース―エンゼルス(ニューヨーク)
 エンゼルスの大谷翔平(26)は「2番・指名打者」でスタメン出場。1回の第1打席は右腕タイヨンの内角高めボールゾーンに外れる93・4マイル(150キロ)直球を打ち上げ、右飛に倒れた。
 大谷は3試合連続アーチを目指す。前日の同カードでヤンキースタジアム初見参。自己最速、正確な計測が始まった2015年以降では球団最速でもある打球初速117・2マイル(約188・6キロ)の弾丸ライナーで右翼席へソロアーチを放った。今季26号は、ゲレロ(ブルージェイズ)に並ぶメジャー最多となった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ