本文へ移動

中日大野雄 雨にやられた 与田監督「両チームとも天気意識しながらのゲームだった」

2021年6月30日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回裏、4回目の中断となりベンチに戻る大野雄

6回裏、4回目の中断となりベンチに戻る大野雄

 うらめしや…。中日は29日、神宮でのDeNA戦で4度の中断をへて6回裏1死降雨コールド負け。リズムに乗れなかったエースの大野雄大投手(32)が5回に逆転を許した。3回まで無失点ながら、5イニング1/3を3失点で6敗目。チームも引き分けを挟む連敗。借金は今季最多タイの7に膨らんだ。
 断続的に神宮の上空を雨雲が通過する。2度の中断を経て、いつ試合が終わってもおかしくないというのは両軍の共通認識。もちろんマウンドの大野雄も。1点リードの5回2死二塁。まずはリードのまま試合成立を迎えるというゲームプランが崩れた。
 代打・牧に外角高めのツーシームを合わされ右中間への同点三塁打を食らった。「右中間を破られるところに投げてしまった僕の負けです」。そして天敵・桑原。試合前の時点で今季8打数5安打。さらに2打数2安打で迎えた3打席目。初球だった。甘く入った146キロの直球を振り抜かれると、左前へ。
 「試合前から対戦成績が悪いのは分かっていて対策はしていましたが、逆の意味ではまってしまったというところです。次回は抑えられるようにします」
 中日と同じくDeNA打線もファーストストライクを積極的に狙っていた。そこへきての初球痛打。避けられなかったか―。重すぎる勝ち越し点を与えてしまった。
 与田監督も「両チームとも天気を意識しながらのゲームだった。あそこを抑えるかどうかだったと思う」と勝負のポイントに挙げた。そして「(桑原には)何とか対策を練りながらやってるわけですからね。次の対戦で何とかするように日々やっていくしかないですね」と雪辱を期した。
 この天候で追う展開は苦しい。いやが応でも焦りが出る。1点が遠いまま、6回裏1死一塁で4度目の中断を経てコールド。3度の中断が大野雄が投げているときという不運にも見舞われた。「中断だらけでタフなゲームでしたが言い訳はできません。こういうゲームを勝ってこそなんぼやと思うのでチームに申し訳ないです」。エースは責任を一身に背負った。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ