本文へ移動

【中日】三ツ俣 積極打法で二塁打&きっちり犠打 京田復帰で競争激化、存在感をアピール

2021年6月29日 22時33分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回表無死二塁、三ツ俣が投前犠打を決める

1回表無死二塁、三ツ俣が投前犠打を決める

◇29日 DeNA3ー2中日(神宮)=6回途中、雨天コールド
 中日・三ツ俣大樹内野手(29)が出場3試合連続安打をマークした。
 「2番・遊撃」で2試合ぶりにスタメン。3回先頭、DeNA・坂本の初球の直球を捉え、左翼へ二塁打を放った。
 1回無死二塁では初球で送りバント。先制点をアシストした。
 「バントも初回からきっちり決められて良かった。ヒットという形で出塁もできたので良かったです」。京田が1軍復帰した中で、生き残りへ存在感を示した。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ