本文へ移動

【楽天】今季初登板の釜田4イニング5失点KO「感じは悪くなく・・・1点で踏ん張れなかったのが痛かった」

2021年6月29日 20時42分

このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天・釜田

楽天・釜田

◇29日 楽天―日本ハム(楽天生命パーク宮城)
 今季初登板となった楽天の先発、釜田佳直投手(27)が、石井監督の期待を裏切る背信投球だ。3回に高浜に先制左前打、王柏融に中越えの3点二塁打を浴びて4失点。4回にも渡辺に中越え弾を浴び4イニングで8安打を浴び、5失点KOとなった。
 「感じは悪くなかったと思います。3回の2アウトから1点取られたられたところですね。その1点で踏ん張れなかったのが痛かったです」
 釜田は悔しがった。高卒新人だった2012年と5年目の16年の2度、7勝を挙げた右腕。しかし18年に肩と肘のクリーニング手術などを受け、過去3年間はわずか1勝に終わっていた。しかし、今年は田中将が復帰。一緒に自主トレをし、復調した。「僕自身、(田中将と)同じ舞台でプレーしたいというのがファームでの目標でした」とモチベーションにし、イースタン・リーグトップの防御率2.23を残してきた。
 石井監督は「今季はファームでずっと先発をやって結果を残してきた。そのパフォーマンスを見せてくれたら」と期待していたが、5失点は重すぎた。守り勝つ野球を目指すだけに迷わず降板指令だ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ