本文へ移動

【阪神】糸原が2戦連続適時打となる勝ち越し打「とにかくクリーンアップにつなぐという気持ちで」

2021年6月29日 19時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
阪神・糸原(右)

阪神・糸原(右)

◇29日 阪神―ヤクルト(甲子園)
 阪神の糸原健斗内野手(28)が2回に勝ち越しのタイムリーヒットを放った。近本の同点打が出たあと、なおも2死一、三塁の好機でカウント1―1からヤクルト・田口のストレートを中前へはじき返した。
 「とにかくクリーンアップにつなぐという気持ちで打ちました。良い形でつなぐことができて良かったです」
 下肢コンディション不良のため、5月中旬から6月中旬まで3週間ほど離脱。復帰してからはなかなか調子が上向かなかったが、2番に戻ってから2試合連続の適時打となった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ