本文へ移動

王位戦開幕 藤井聡太二冠は相掛かりを選択 豊島将之竜王が挑む 史上初の愛知対決は初日から激戦に

2021年6月29日 18時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加

藤井聡太王位(手前右)の先手で始まった「お~いお茶杯第62期王位戦」7番勝負第1局。同左は豊島将之竜王

 藤井聡太王位(18)=棋聖、愛知県瀬戸市出身=に豊島将之竜王(31)=叡王、同県一宮市出身=が挑戦する「お~いお茶杯第62期王位戦」(中日新聞社主催・伊藤園特別協賛)七番勝負開幕局は29日、名古屋市の名古屋能楽堂で始まった。午後6時に指し掛けとなると、豊島竜王が48手目を封じた。藤井王位には王位初防衛、豊島竜王には3期ぶりの王位復位が懸かる。2日目の30日は午前9時に再開し、勝敗は夜までに決まる見通し。

藤井聡太王位が午後のおやつに注文したヒヨコ形バニラアイスクリームの「ぴよりん」

 史上初となる愛知県出身同士による番勝負。藤井王位が叡王戦五番勝負への挑戦も決めているため、最長“十二番勝負”となる“尾張対決シリーズ”は、近未来の将棋界の勢力図を左右する“桶狭間の戦い”になる可能性を秘めている。

藤井聡太王位が午前のおやつに注文した「季節のフルーツ盛り合わせ」とアイスコーヒー

 藤井王位は28日の検分後の記者会見で「同郷の出身で常に目標としてきた先輩と大きな舞台、それも地元で対戦できるのをうれしく思います」と述べていた。対戦成績は藤井王位の1勝6敗。初手合いから6連敗を喫したが、今年1月の朝日杯将棋オープン戦で初勝利を挙げている。

藤井聡太王位が昼食に注文した「海老天ころうどん 稲荷寿司」

 午前8時45分、藤井王位が淡い若草色の着物に黒紗の羽織で登場すると夏らしい装いが能舞台に映えた。豊島竜王は淡い水色の着物で同48分に姿を見せた。9時、立会人の青野照市九段(68)から定刻を告げられると、振り駒で先手となった藤井王位がいつも通り、お茶をひと口含んでから飛車先の歩を突く初手2六歩を指した。

豊島将之竜王が昼食に注文した「親子丼 ころ蕎麦」と紅茶

 戦型は藤井王位が相掛かりを選択した。水面下で虚々実々の駆け引きが行われるなか、午後4時を回って藤井王位が攻めを敢行すると、豊島竜王も鋭く攻め合いに持ち込んで互いに一歩も引かない激しい展開となった。豊島竜王は定刻6時に封じ手の意思表示をした。持ち時間は各8時間で、1日目の消費時間は藤井王位4時間2分、豊島竜王3時間16分だった。

豊島将之竜王が午後のおやつに注文した「わらび餅」

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ