本文へ移動

【中日】ビシエド初回に先制タイムリー「逆らわずにうまく打てた」 福田も続き幸先よく2点ゲット

2021年6月29日 18時17分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回表2死三塁、ビシエドが先制適時打を放つ

1回表2死三塁、ビシエドが先制適時打を放つ

◇29日 DeNAー中日(神宮)
 中日が7カードぶり勝ち越しへ、1回に幸先良く先制した。ダヤン・ビシエド内野手(32)と福田永将内野手(32)がともに適時打を放った。
 先頭の大島が左翼線への二塁打で出塁すると、続く三ツ俣が1球で犠打を決めた。高橋周が一ゴロに倒れ、2死三塁。1ボール2ストライクから、4番・ビシエドがDeNA先発・坂本の外角直球を捉え、右前へ運んだ。「追い込まれていたが、。チャンスでまわしてくれたので先制できて良かったよ」と振り返った。
 さらに、堂上も左前打で続き一、二塁から6番・福田が左前打で追加点を挙げた。
 中日は先制すると、22勝9敗3分け。この勢いのまま逃げ切りたい。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ