本文へ移動

堀内恒夫さんが”お宝サインボール”でしみじみ思うあの人…「同じユニフォームで戦える日が来るなんて」

2021年6月29日 15時01分

このエントリーをはてなブックマークに追加
堀内恒夫さん

堀内恒夫さん

 元巨人監督の堀内恒夫さん(73)が29日、自身のブログを更新し、お宝のサインボールの写真を公開した。
 「今日はみなさんに貴重なボールを一緒に見てもらいたいんだ」として、1949年の日米野球に参加した選手のサインボールの写真を投稿。ボールには「SANFRANCISCO Good Will Tour 1949 All JAPAN Team」と書かれ、川上哲治、若林忠志ら往年の名選手のものと思われるサインが書かれている。
 堀内さんは「1949年(昭和24年)と言えば俺が生まれて、まだ1歳の頃」「こうした1球に川上哲治さんを始め当時のスタープレーヤーがサインしたことに思いを馳せると なんだかさ~ 色々と思うところはあるわけさ」と感慨深げ。「川上さんと同じユニフォームで同じ時に戦える日が来るなんてね…」と監督と選手の関係で関わった“野球の神様”に思いをはせた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ