本文へ移動

大谷翔平、ゲレロ&タティスが試合なく本塁打王争いトップタイに ヤンキースタジアム初アーチで連勝に貢献

2021年6月29日 11時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
26号本塁打を放った大谷翔平(AP)

26号本塁打を放った大谷翔平(AP)

◇28日(日本時間29日)MLB ヤンキース5―3エンゼルス(ニューヨーク)
 エンゼルスの大谷翔平選手(26)が敵地でのヤンキース戦に「2番・指名打者」でスタメン出場。第1打席に先制の今季26号ソロを放ち、本塁打王争いでトップタイに立った。
 1回1死走者なしで迎えた第1打席。フルカウントから内角低めのカーブを完璧にとらえて右翼スタンドに突き刺さる先制ソロを放った。ヤンキースタジアムでの自身初安打が本塁打。その後の打席では無安打に抑えられたが5打数1安打1本塁打で、エンゼルスの連勝に貢献した。
 本塁打王争いで単独トップに立っていたブルージェイズのゲレロ、2位タイに立っていたパドレスのタティスがともに試合がなく、現時点で大谷とゲレロが26本でトップで並んでいる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ