本文へ移動

【ACL】山崎凌吾のハットトリックに続き斎藤学が名古屋移籍後初の公式戦ゴール!3連勝で1次リーグ首位キープ

2021年6月28日 21時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドリブルで攻めあがる斎藤(©2021 Asian Football Confederation)

ドリブルで攻めあがる斎藤(©2021 Asian Football Confederation)

◇28日 アジア・チャンピオンズリーグ1次リーグ第3戦 名古屋4―0ラチャブリ(ラジャマンガラスタジアム)
 G組首位の名古屋グランパスはFW山崎凌吾(28)がハットトリックを達成し、同4位のラチャブリ(タイ)に4―0で勝利。1次リーグ3連勝で、首位をキープした。
 序盤から敵陣で試合を進めるグランパスは前半26分、右サイドからのマテウスのクロスに山崎が頭で合わせ、自身の大会初得点で先制に成功する。山崎はさらに、同31分に吉田豊のクロスに再び合わせ、追加点をゲット。極め付きは前半ロスタイム。前田のシュートのこぼれ球につめ、前半だけでハットトリックを達成した。
 3―0の後半も柿谷と斎藤を投入するなど盤石の試合運びを見せ、同24分にはロングボールに抜け出した斎藤が加入後公式戦初得点。目立つピンチはなく、3戦連続の完封勝利を達成した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ