本文へ移動

【FC東京】「あおあかドリル」を地元公立小学校103校に無償配布 外出制限下でも「体を動かす楽しさ・きっかけ」を

2021年6月28日 20時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
都内103校の小学校に無償配布される「あおあかドリル」(FC東京提供)

都内103校の小学校に無償配布される「あおあかドリル」(FC東京提供)

  • 都内103校の小学校に無償配布される「あおあかドリル」(FC東京提供)
  • FC東京の「あおあかドリル」は、子どもたちの体力向上をサポートする目的で制作された(FC東京提供)
 FC東京は28日、小学生を対象にした運動教材「あおあかドリル」を制作し、ホームタウンの府中市、三鷹市、調布市、小平市、西東京市、小金井市の公立小学校103校の1年生約1万400人に無償配布すると発表した。対象となる小学校には、7月上旬より順次配布される。
 昨年、新型コロナウイルス禍の外出制限期間中に室内でも「体を動かす楽しさ・きっかけ」を提供したいと、運動ドリルを制作。その後、地域の教育委員会とも検討を重ね、小学校の体育科の授業をサポートする副教材として活用されることとなった。
 今後はFC東京の普及部コーチが実際に学校に訪問し、ドリルを使った授業なども行っていく。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ