本文へ移動

大腸がん闘病の大島康徳さん「ブログ書くことがきつくなってきました。生きるとは…」今後の更新は妻に

2021年6月28日 18時52分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大島康徳さん

大島康徳さん

 中日、日本ハムでプレーし、大腸がんの闘病を続けている野球評論家の大島康徳さん(70)が28日、「生きる」のタイトルでブログを更新。書くことがきつくなったとして、大島さんの言葉を愛妻が伝えていくことを明かした。
 大島さんは足や愛妻の写真とともに「脚の筋肉は落ちたけど、ふくらはぎの筋肉はまだ生きている。生きるとは歩くこと。人として生きるとは、自分の口から食べたり飲んだりすること。自分の足で歩いてトイレに行くこと」と自らの考え方を記した。
 さらに「ブログを書くことがきつくなってきました。ママちゃん、頼むよ。俺がママちゃんに伝える言葉。ちゃんと、皆に伝えてくれよ」とつづった。
 フォロワーからは「伝わってます。安心してください。心の底から応援しています!!」「大島さんらしくお過ごし下さい! どうか前向きに!」「生きて、生きて、生きてください!」「十分に頑張っている大島さんに頑張れとはいえないけど、無理をせずご自愛ください」などのエールが送られていた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ