本文へ移動

大阪桐蔭は2回戦登場 150km超の関戸&松浦2投手でV筆頭…大阪学院大高-摂津の勝者と【高校野球大阪大会】

2021年6月28日 17時48分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大阪市内で開かれた第103回全国高校野球選手権大阪大会の組み合わせ抽選会

大阪市内で開かれた第103回全国高校野球選手権大阪大会の組み合わせ抽選会

 第103回全国高校野球選手権大阪大会(7月16日開幕)の組み合わせ抽選会が28日、大阪市内で開かれ、今年の春季近畿地区大会で優勝した大阪桐蔭は7月18日の2回戦で大阪学院大高―摂津の勝者と対戦することが決まった。
 昨年からシード制が採用されていたが、昨夏は選手権大会が中止となり、独自大会(大阪府は準決勝で終了)となったため、実際に運用されるのは今大会が初めて。春季大阪府大会のベスト16がシードされ、大阪桐蔭もそのうちの1校。
 今春の選抜大会では初戦で智弁学園(奈良)に敗退した大阪桐蔭だが、プロ注目の最速154キロ右腕・関戸康介投手と最速150キロ左腕・松浦慶斗投手を擁するなど戦力は投打に充実。春季大会はこの2投手が一度も先発することなく近畿王者となり、優勝候補の筆頭に挙がる。
 またシードを逃した一昨年夏の甲子園覇者、履正社は17日の1回戦で古豪の市岡と対戦する。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ