本文へ移動

大谷翔平は「スペシャル。『能あるタカは爪を隠さず』だね」あと単打でサイクル安打に敵捕手も”お手上げ”

2021年6月28日 15時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大谷翔平(AP)

大谷翔平(AP)

◇27日(日本時間28日) MLB レイズ4―6エンゼルス(セントピーターズバーグ)
 エンゼルスの大谷翔平(26)は「2番・指名打者」でスタメン出場し、9回に左翼へメジャー最多に並ぶ25号ソロを流し打った。二塁打と三塁打も放ち、あと単打でサイクル安打の4打数3安打、3打点。今季11個目の盗塁(二盗)も決め、チームの連敗も5でストップした。
 大リーグ公式サイトによると、完璧な送球にもかかわらず二盗を決められたレイズのズニーノ捕手は、大谷への称賛を惜しまなかった。
 「あいつはスペシャル。『能あるタカは爪を隠さず』だね。3日連続で見られたが、打撃はすごかった。それでいて、先発すれば100マイル(約161キロ)だろ。信じられない才能だ。うちが抑えられた場面もあったが、とにかく、もう少し投球のコースと質を見直さなきゃいけない相手だ」
 AP電によれば、レイズの敵将キャッシュ監督は、大谷に「いろんな方法でダメージを与えてくる。(25号は)左腕相手にも結果を出したし、ホームランで見せたように、流し打ちもためらわない」と脱帽。同監督は25日、大谷に24号を浴びた後も「大谷の才能がどんなものなのかは、よく分かっている。きょうはいろんな面でそれを見せつけられた」と語っていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ