本文へ移動

【巨人】育成の直江大輔が支配下復帰 「昨年の手術から8カ月…感謝の気持ちでいっぱいです」

2021年6月28日 15時32分

このエントリーをはてなブックマークに追加
巨人・直江大輔

巨人・直江大輔

 巨人は28日、育成の直江大輔投手(21)を支配下登録すると発表した。背番号は昨季まで背負っていた「54」になる。
 長野県出身の直江は松商学園高を経てドラフト3位で2019年に入団。2年目の昨年に1軍デビューし3試合に登板したが、10月に椎間板ヘルニアの手術を受け、治療に専念するために育成契約となった。リハビリを経て状態を上げ、今月24日のイースタン・リーグのヤクルト戦ではわずか3安打に抑えプロ初完封。支配下復帰が決まった。
 直江は球団を通じ「昨年の手術から8カ月が経ち、ようやく支配下に戻ることができました。支えていただいた方々に感謝の気持ちでいっぱいです。シーズン後半戦ではしっかりと1軍戦力になれるよう、今まで以上に練習に取り組んでいきたいと思います」とコメント。原監督が「直江は新人王を獲らせるために早めに手術をしたんだ」と話していた期待の右腕が、まずは支配下復帰を勝ち取った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ