本文へ移動

藤井王位守れるか、豊島竜王奪えるか 「お〜いお茶杯第62期王位戦」、29日開幕

2021年6月28日 05時00分 (6月28日 05時01分更新)
藤井聡太王位

藤井聡太王位

  • 藤井聡太王位
  • 豊島将之竜王
 将棋の藤井聡太王位(18)=棋聖、愛知県瀬戸市=に豊島将之竜王(31)=叡王、同県一宮市出身=が挑む「お〜いお茶杯第六十二期王位戦」(中日新聞社主催・伊藤園特別協賛)七番勝負の第一局が二十九日午前九時から、名古屋市の名古屋能楽堂で始まる。中部地方出身者同士のタイトル戦は初めて。両者は叡王戦でも五番勝負を行うため、最長で十二局戦う頂上決戦の幕開けとなる。
 藤井王位は昨年、史上最年少の十七歳十一カ月で初タイトルの棋聖を獲得。王位戦でも木村一基九段(48)に勝ち、最年少(十八歳一カ月)で二冠となった。渡辺明名人(37)=棋王、王将=の挑戦を受け対戦中の棋聖戦は、史上最年少での防衛に王手をかけている。
 豊島竜王は二〇一八年に初タイトルの棋聖を獲得。その後王位も獲得したが、一九年に木村九段に敗れて失冠した。藤井王位には公式戦で六勝一敗と大きく勝ち越しており、二年ぶりの王位奪還を狙う。
 立会人は青野照市九段(68)。対局は二日制で、持ち時間各八時間。初日は午後六時で指し掛け、手番が封じる。二日目の三十日は午前九時に再開し、同日夜には勝敗が決まる見通し。対局の盤面を中日新聞Webで中継する。
 二十...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報