本文へ移動

走り幅跳び橋岡優輝 日本歴代2位8メートル36で五輪切符【陸上日本選手権】

2021年6月27日 20時24分

このエントリーをはてなブックマークに追加
男子走り幅跳びで優勝した橋岡優輝

男子走り幅跳びで優勝した橋岡優輝

◇27日 陸上・日本選手権最終日(東京五輪代表選考会、大阪市・ヤンマースタジアム長居)
 男子走り幅跳びでは橋岡優輝(22)=富士通=が日本歴代2位の8メートル36の好記録で優勝し、五輪出場を決めた。
 1、2本目とファウルが続いたが、3本目に8メートル27の大ジャンプ。最後の6本目で自己ベストも更新した。両親は陸上の元日本記録保持者で、東京五輪サッカー男子代表に選出されているDF橋岡大樹(シントトロイデン)はいとこにあたる。「両親の支えがなかったらここまでたどり着けなかった。両親が立ったことがない五輪でどれだけ戦えるか(自分でも楽しみ)」。家族の思いも背負い、大舞台に立つ。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ