本文へ移動

【楽天】「最低の最低の最低の中の最低限」守護神・松井ヒヤヒヤ21セーブ

2021年6月27日 19時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天・松井

楽天・松井

◇27日 楽天3―2ソフトバンク(楽天生命パーク宮城)
 楽天の守護神・松井が1点リードの9回に登板、走者を出しながら逃げ切りに成功し、21セーブ目をマークした。
 先頭の中村晃のゴロを捕球できず内野安打にしてしまったが、続く甲斐の送りバント失敗に助けられた。2死走者なしから代打・川島に四球を与えたが、最後は松田を中飛に打ち取り、松井は「(安打にしてしまった最初の)ピッチャーゴロをしっかりと捕らないといけない。バタバタしてしまったが、形はどうであれ、最低限チームの勝ちを守れた。最低の最低の最低の中の最低限という内容」と自己採点した。
 試合前には視察に訪れた侍ジャパンの稲葉監督にあいさつ。代表をけがで辞退した中川(巨人)の代役候補に名が挙がっているが「今日のようなプレーをしていたら(代表入りは)厳しいと思う」と反省しきりだった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ