本文へ移動

【楽天】猛打賞の茂木3連戦打率5割4分5厘5打点でタカ狩り貢献 岡島の助言で復調

2021年6月27日 18時38分

このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天茂木

楽天茂木

◇27日 楽天3―2ソフトバンク(楽天生命パーク宮城)
 楽天が接戦をものにし、同一カード3連勝で同率1位を守った。同点で迎えた6回無死一、三塁。茂木がソフトバンクの2番手左腕・田浦の真っすぐを左前にはじき返し、決勝点を挙げた。
 「バットのいいところに当たってくれていいところに飛んでくれた。手応えも良かった.ランナーをかえすことだけを考えた」
 島内の右前打に続き岡島も右前打してお膳立てした。6番打者の茂木は5番を打つ岡島をいつも観察。「岡島さんはバットが体の近くを通るから率も残せるし長打も打てる」と気がつき,助言を求めた。すると「肩の力を抜くように。バットが遠回りしている」とのアドバイス。復調のきっかけとなった。
 この日は2回に二塁内野安打、4回にも右前打を放ち、猛打賞。一時は打率2割1分台に落ちるなど打撃不振だったが、この3試合で11打数6安打の打率5割4分5厘、5打点でタカ狩りに貢献し「ソフトバンクには昨年も今年もやられている。本当に価値ある3連勝」とナインの声を代弁した。
 本拠地でソフトバンク相手の3連戦で3連勝は2012年6月29日~7月1日に3連勝して以来9年ぶり。石井監督は「目の前の1勝」と言い続けるが、カード勝ち越し、できれば3連勝は短期目標として常に頭の中にあり「僕は視力が0・6なのであまり遠くは(見えない)…」と言いつつ、したり顔。「うちはロースコアで競って勝っていくチーム。そうやって力をつけていけばいいチームになる」と独特の表現でライバル撃破に目を細めた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ