本文へ移動

笹生優花は優勝争いから脱落「攻めすぎた…攻めて結果が良くなければ、攻めた意味がない」【全米女子プロ】

2021年6月27日 16時38分

このエントリーをはてなブックマークに追加
笹生優花(AP)

笹生優花(AP)

◇26日 ゴルフ・女子メジャー 全米女子プロ第3日(米ジョージア州、アトランタ・アスレチックC)
 笹生優花(20)=ICTSI=は2バーディー、3ボギー、1ダブルボギーと3つ落とした。通算2オーバーの42位と優勝争いからは脱落した。
 攻撃的なゴルフが持ち味だが、12番でセミラフからフェアウエーウッドでグリーンを狙って池、17番パー3でも手前に切られたピンを果敢に狙って池に落としダボにするなど、攻めた上での失敗が多く「攻めすぎるとこうなる。攻めて結果が良くなければ、攻めた意味がない」と反省した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ