本文へ移動

【オリックス】宮城大弥5イニングを投げ6奪三振の無失点 チームは大量得点、8勝目はほぼ手中に

2021年6月27日 15時47分

このエントリーをはてなブックマークに追加
5回表2死満塁、山川を中飛に仕留め、ガッツポーズを見せる宮城

5回表2死満塁、山川を中飛に仕留め、ガッツポーズを見せる宮城

◇27日 オリックス―西武戦(京セラドーム大阪)
 オリックスの宮城大弥投手(19)は先発して5イニングを投げ、3安打、6奪三振の無失点に封じた。
 「野手の方に助けてもらいながら、何とかゼロで抑えられたところは良かったですが、抜けてしまうボールも多かったですし、反省することばかりです」
 中6日のマウンドで5点の援護をもらい、5イニングで98球を投げたところで交代。現在、自身2連勝中で、西武戦は今季ここまで2戦2勝と相性も良い。チームは大量得点を奪い、8勝目はほぼ手中を納めた状態でリリーフ陣に後を託した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ