本文へ移動

【中日】根尾、6打数連続三振で26打席快音なし 広島・森下のカーブに手が出ず

2021年6月27日 14時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日・根尾

中日・根尾

◇27日 広島―中日(マツダ)
 バットが出ない…。中日の根尾昂内野手(21)が、自己ワーストの連続打席無安打を「26」に更新した。5回の第2打席だ。広島の先発・森下の前に簡単に追い込まれ2ストライク。3球目は森下の得意のカーブにまるで反応できず見送りの3球三振に倒れ、6打数連続三振となった。
 「8番・左翼」で9日の楽天戦以来13試合ぶりにスタメン出場したが、第1打席は空振り三振。5月28日の日本ハム戦の第3打席で右前打を放ったのを最後に、快音から遠ざかっている。
 果たして、広島の地で長い長いトンネルから抜け出せるか。1軍に生き残るためにも「H」ランプが欲しい。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ