本文へ移動

【中日】高橋周平、初回に先制打! 侍ジャパンの広島・森下から9球速攻で1点もぎ取る

2021年6月27日 13時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回、右前適時打を放つ中日・高橋周

1回、右前適時打を放つ中日・高橋周

◇27日 広島―中日(マツダ)
 中日の高橋周平内野手(27)が、初回に先制タイムリー。6カードぶりの勝ち越しへ、東京五輪日本代表の広島先発・森下の立ち上がりを攻め立てた。
 先頭の大島が初球攻撃で左翼線へ二塁打を放つと、加藤翔が犠打を決めてお膳立てした。主将は追い込まれながら粘って外角寄りの甘いチェンジアップを引っ張って一、二塁間を突破だ。
 「少し泳がされましたけど、いいところに飛んでくれました。久しぶりにタイムリーを打てて良かったです」と高橋周。9球の速攻でスコアボードに「1」を刻んだ。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ