本文へ移動

転倒も冷静「一気に勝負」 男子3000障害 三浦が日本新で五輪 

2021年6月27日 05時00分 (6月27日 05時00分更新)
男子3000メートル障害 8分15秒99の日本新記録をマークして優勝し、東京五輪代表に決まった三浦龍司(右)。同2人目は3位の青木涼真=ヤンマースタジアム長居で

男子3000メートル障害 8分15秒99の日本新記録をマークして優勝し、東京五輪代表に決まった三浦龍司(右)。同2人目は3位の青木涼真=ヤンマースタジアム長居で

 ラスト1周に入る前の水濠(ごう)で転倒した男子3000メートル障害の三浦は、「一瞬頭が真っ白になった」ほどの動揺を即座に断ち切った。すぐに立ち上がって前を追い、先頭を奪い返した後も勢いを緩めない。自らの日本記録を1秒以上塗り替える日本一で五輪切符をつかみ、「自分としてはすごく満足のレースになった」と好感触を振り返った。
 入りの1000メートルは想定より遅いペース。鋭いラストスパートで勝ちきる得意のパターンに持ち込むべく、それ以降はペースを上げてライバルの体力を削った。予期せぬ転倒のアクシデントも冷静に対応。「そこから一気に勝負できたのは判断として正しかった」と完勝を振り返った。
 ここ数年は自国開催の五輪を志し、若く有望な長距離選手が続々とこの種目に参戦している。その筆頭が三浦だ。順大に入学した昨季から大学駅伝のホープとして活躍する一方、高校時代から続ける3000メートル障害で順調にステップアップ。5月のレースでは8分17秒46の日本記録で、五輪の参加標準記録を軽々と突破してみせた。
 この日の8分15秒99は、2016年リオデジャネイロ五輪の5位に相当。「(当時より)靴の性能も上がって...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

おすすめ情報

スポーツの新着

記事一覧