本文へ移動

辰巳雄大と林翔太 初の恋人役で共演 歴史に残る猟奇的殺人事件描いた舞台9月から

2021年6月27日 04時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
辰巳雄大(右)と林翔太が共演する「ネバー・ザ・シナー -魅かれ合う狂気-」のメインビジュアル

辰巳雄大(右)と林翔太が共演する「ネバー・ザ・シナー -魅かれ合う狂気-」のメインビジュアル

 歴史に残る猟奇的殺人事件を題材にした舞台「ネバー・ザ・シナー -魅かれ合う狂気-」の上演が決まり、「ふぉ~ゆ~」の辰巳雄大(34)が主演を務めることが26日、分かった。主人公と同性愛関係にあった人物を、ジャニーズ事務所の後輩・林翔太(31)が演じる。辰巳と林は今回初めての恋人役で共演する。
 米国で2人の天才ユダヤ人大学生が引き起こした誘拐殺人「ローブとレオポルド事件」をもとに、人気ドラマ「踊る大捜査線」シリーズなどで知られる脚本家・君塚良一さんが演出。物語の中心人物であるリチャード・ローブに辰巳、ネイサン・レオポルドに林がふんする。事件で逮捕され裁判で暴かれる2人の関係や、2人の心に去来する思いを描いていく。
 辰巳は「今回の作品はなんといっても僕の演劇史上、一番エロチックな役です。必ずドキドキさせます!そして、恋人として翔ちゃん(林)は“あり”です(笑)」とコメント。林も「僕も辰巳くんには安心感しかないので、恋人として“めちゃくちゃあり”です(笑)」と相思相愛のようだ。
 公演は9月2~12日に東京・品川プリンスホテル クラブeX、同18、19日に大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールで行われる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ