本文へ移動

【オリックス】山崎福也は6回途中3失点降板 リード守れず

2021年6月26日 16時53分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オリックス・山崎福也

オリックス・山崎福也

◇26日 オリックス―西武(京セラドーム大阪)
 オリックスの左腕・山崎福也投手(28)は26日、西武戦に先発登板。5イニング3分の1を投げて、7安打の3失点で降板した。
 「チームが初回から先制していただけに、3回に逆転を許してしまったホームランを反省しなければいけませんし、何とか最少失点で粘りたかったです」
 T―岡田の先制打で援護してもらったものの、3回は9番の柘植に逆転2ランを浴びた。4回はブランドンの適時打で追加点を与えた。チームは11連勝のあと、2連敗中。リバウンド阻止のためにも奮闘を期していたが、リードを広げられて無念の降板となった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ