本文へ移動

社会人野球日本選手権出場で抱負 カナフレックス

2021年6月26日 05時00分 (6月26日 15時22分更新)
三日月知事(中)に健闘を誓う山田監督(左)と北川主将=県庁で

三日月知事(中)に健闘を誓う山田監督(左)と北川主将=県庁で

 東近江市内を拠点にしている建築資材製造販売「カナフレックスコーポレーション」(大阪市)の硬式野球部が、二十九日に始まる社会人野球日本選手権大会に出場する。山田勉監督(62)や北川倫太郎主将(28)らが二十五日、県庁を訪れ、三日月大造知事の激励を受けた。チームの初戦は七月一日にほっともっとフィールド神戸(神戸市)で、東海理化(愛知県)と対戦する。
 チームは、五月下旬から大阪で始まった近畿地区最終予選の初戦に勝利。勝てば...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報