本文へ移動

「拝察」発言、広がる波紋 政府「宮内庁長官本人の見解」と沈静化図る

2021年6月26日 16時00分 (6月26日 16時00分更新)
西村泰彦長官

西村泰彦長官

 新型コロナウイルス感染が収束しない中での東京五輪・パラリンピック開催について、天皇陛下の「懸念」を拝察したとする宮内庁の西村泰彦長官の発言が波紋を広げている。政府は五輪開催への影響を抑えようと、あくまで「長官本人の見解」だとして沈静化を図った。
 天皇陛下は東京五輪・パラリンピックの名誉総裁を務めている。西村長官は二十四日の記者会見で、陛下がコロナ感染の状況を心配しているとして「開催が感染拡大につながらないか懸念されていると拝察している」と語った。「直接そういうお言葉を聞いたことはありません」とも説明した。
 これに関し、宮内庁の内情にも詳しい政府高官の一人は「陛下の思いを代弁しているに決まっている。みんなそれは分かっている。陛下の了解なしにあんなことを言うわけがない」と解説する。
 一方、菅義偉首相は二十五日、首相官邸で記者団に「(西村)長官本人の見解を述べたと理解している」と語るにとどめた。加藤勝信官房長官も同様の説明をしており、菅政権としては「西村長官個人の考え」としてやり過ごす構えだ。
 背景には五輪延期・中止論が依然衰えていないことがある。五輪開催への懸念が陛下の本音だとの認識が広...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

朝夕刊の新着

記事一覧