本文へ移動

和田アキ子、五輪開催への疑問ぶつける「丸川大臣の『ステークホルダー』も何を言うてんのかなと…」

2021年6月26日 12時06分

このエントリーをはてなブックマークに追加
和田アキ子

和田アキ子

 歌手の和田アキ子(71)が26日、パーソナリティーを務めるニッポン放送のラジオ番組「ゴットアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」に生出演。「大会まで28日(足らず)。ということはやるってことなんでしょ」と、新型コロナ禍における東京五輪開催への疑問をぶつけた。
 「緊急事態宣言でみんな我慢して。オリンピックの開会式が押し迫ってくると急に外出禁止も穏やかになって、(会場で)酒を出すか出さないか、無観客が有観客になって5000人が1万人。ウガンダの選手が1人陽性だったのに、他の選手はそのまま大阪に移動させた。ウチら食事は2人までとか言われているのに、9人で前後の座席といっても移動してきたら濃厚接触者でしょ」と、続々と報じられるニュースを挙げた。
 アシスタントの垣花正アナウンサーが「こういうことが起きると、大会関係者やメディアを含めルールが守られるとは思えないですよね」と話すと、和田は天皇陛下が開催が新型コロナ感染拡大につながると懸念を示されていると「拝察」した宮内庁長官の発言を紹介し「陛下こそ国民を心配なされているのに、政治家は正面も向けないでしゃべって。丸川さんが(五輪会場内での飲酒問題で)発言した『ステークホルダー』も何を言うてんのかなと。こういうことだからやりますと言ってくれれば、選手を気兼ねなしに応援できるのに」と憤った。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ