本文へ移動

中日・根尾レーザーで試合終了「刺せる準備はしていました」あわやタイムリー…強肩で本塁タッチアウト

2021年6月25日 23時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
9回裏2死一、二塁、小園の左前打で本塁へ好返球し、二走をタッチアウトにする根尾。試合終了となる

9回裏2死一、二塁、小園の左前打で本塁へ好返球し、二走をタッチアウトにする根尾。試合終了となる

◇25日 広島3―6中日(マツダ)
 途中出場の根尾昂内野手(21)がレーザービームで追加点を阻止し、試合を締めた。9回に大島の代走で出場し、その裏から左翼守備へ。2死一、二塁で守護神・又吉が小園に左前打を浴びたが、根尾がワンバウンドでストライク返球し、二走・松山を本塁でタッチアウトにした。
 “強肩”発動で勝利をアシストした背番号7は「しっかり刺せる準備はしていました」と納得顔だった。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ