本文へ移動

【ACL】名古屋は浦項に3-0快勝!2連勝でG組首位 柿谷が鮮やかミドルで先制、マテウス2ゴール

2021年6月25日 20時52分

このエントリーをはてなブックマークに追加
名古屋・柿谷

名古屋・柿谷

◇25日 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグG組第2戦 名古屋3―0浦項(韓国)
 タイ・バンコクでの1次リーグ第2戦で浦項に3―0で勝利。2連勝でG組首位に立った。
 前半からグランパスがリズムをつかんだ。22日のジョホール(マレーシア)戦で苦しんだグラウンド状態に、この日は順応。細かくパスをつなぐサイドからの攻撃を軸に押し込んだ。
 スコアが動いたのは、前半34分。FW斎藤学(31)のパスを受けたFW柿谷曜一朗(31)がミドルシュート。鮮やかな一撃をゴール左隅へと突き刺し、グランパスが先制した。
 後半に入っても、グランパスは相手を圧倒した。FW山崎凌吾(28)らアタッカー3人を交代で投入し、“もう1点”の姿勢を押し出して相手の反撃を封じた。同20分、山崎が放ったシュートを相手選手が手で阻止、獲得したPKをFWマテウスが決めて2―0。同37分にもマテウスが追加点を挙げ、3―0にして試合を決めた。
 1次リーグ最大のライバルと目される浦項との一戦に快勝し、1次リーグ突破へ大きく前進した。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ