本文へ移動

【独自】名鉄名古屋駅「4線化」2030年ごろ目指す 本紙インタビューに新社長

2021年6月25日 20時00分 (6月29日 11時23分更新)
4線化構想がある名鉄名古屋駅(2017年撮影)

4線化構想がある名鉄名古屋駅(2017年撮影)

 名古屋鉄道の高崎裕樹社長は、大規模再開発を計画している名鉄名古屋駅について、現在2本ある線路を4本に増やす「4線化」構想がある同駅の整備を、2030年ごろまでに完成させる目標を明らかにした。当初完成時期を27年めどとしていたが、コロナ禍でいったん延期となっていた。あらためて具体的な完成時期をトップが提示するのは初めて。
 高崎氏は25日の就任に伴う本紙のインタビューで名古屋駅の再開発について...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

中日BIZナビ
中日BIZナビ

関連キーワード

PR情報